2015年4月28日火曜日

どうにかこうにか(壱太郎ブログ)

昼の部では「碁盤太平記」、 音源や写真などの資料しか残っていない中から叔父の主演で復活上演しました。 主税の役はやりがいがあり、それだけに四苦八苦して、 千穐楽まで毎日深く深く考えながら役作りをしておりました。 1時間20分近い長編。 お客様にはどう届いたのかな〜
なかなかおもしろかったです。
そんな中、中日の折り返しぐらいに人生で初めて少し声の調子を悪くしてしまい、 立役と女方を兼ねる時は要注意だなぁと深く反省する1ヶ月でもありました。 仁左衛門のおじさまからも、「地声を使う時が一番気をつけないといけないんだよ」と、 昨日ご挨拶にうかがったらおっしゃっていただき、胸に響きました。
立役と女形を1ヶ月で両方はキツイですね。これも経験で覚えていくのでしょうね。
祖父の時にも出演が叶わなかった、 大好きな大好きな「男の花道」に遂に出演させていただきます!! 猿之助さんの歌右衛門を間近で拝見出来るのも嬉しいし、 歌助は役を新たに創ってくださり、 芝居以外にも、様々なことに挑戦する役になりそうです^^   いつか僕も演じてみたい「男の花道」。 憧れです。
壱太郎さんに歌助というお役を作ってくれたとか、歌右衛門の弟子かな?
(中村壱太郎 Official Website : blog)