2015年5月26日火曜日

小玉祥子の劇評 2015年5月 明治座

憂いを含んだ湯上がり姿の登場から、猿之助が緩急たくみなセリフと見せ方を心得た美しい所作で、たっぷりと芝居をする。中車が片意地だが、職業的誠実さのある医師を魅力的に作り上げた。竹三郎(22日より休演)、愛之助、猿弥、門之助が好助演。(歌舞伎:五月花形歌舞伎=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
湯上がりの横顔が何とも美しい。まわりの助演も良かったです。

ブログ アーカイブ