2015年5月23日土曜日

尾上右近「第一回 研の會」への意気込み

近頃は女方を勤めることが多いですが、「立役も大好き。『吉野山』では、狐としての可愛らしさ、桜の中で踊る風情と戦物語の切替えをしっかりお見せしたい。もちろん、尊敬する猿之助のお兄様とたくさん踊るところもご覧いただきたい」と意欲を見せます。やはり清元の家に育ったので(父の清元延寿太夫、兄の清元昂洋も出演)と、全段を清元で踊り、「普段の歌舞伎の舞台ではあまり見ないような、静の踊り、忠信の踊りもしっかり勉強させていただきます」。(尾上右近「第一回 研の會」への意気込み | 歌舞伎美人(かぶきびと))
去年の秋に勘十郎・猿之助で踊った清元吉野山ですね。猿之助は忠信ではなく静に。自主公演は大変だと思いますが、得るものは大きいでしょう。

ブログ アーカイブ