2015年5月27日水曜日

ようこそ歌舞伎へ 中村梅玉「播州皿屋敷」 

今回の博多座公演の狂言はわかりやすいものばかりです。そこが歌舞伎のすごいところで、『播州皿屋敷』は義太夫も入る古典ですし、夜の部には『芸道一代男』のような新作もある。歌舞伎は幅の広い、裾野の広い舞台芸術で、私はそれを誇りに思います。(歌舞伎美人 ようこそ歌舞伎へ「中村梅玉」 3/4)
敵役は演じていて面白いと、皆さん言われますね。

ブログ アーカイブ