2015年12月11日金曜日

文楽評(倉田喜弘)2015年12月 国立小劇場

緩急自在を得た浄瑠璃は竹本千歳大夫(ちとせだゆう)、三味線は豊澤富助、袖萩の人形は豊松清十郎(せいじゅうろう)。この三人が力を出し切る。他の演者も精いっぱいの働きをし、全員で見事な舞台を作り上げた。これでこそ文楽の真価発揮。(東京新聞:<評>これぞ文楽「袖萩祭文」 国立小劇場十二月公演:伝統芸能(TOKYO Web))