2015年12月14日月曜日

長谷部浩の劇評 2015年12月 歌舞伎座

昼の部の『十種香』だが、七之助の品格、児太郎の慎重で、八重垣姫と濡衣を勤めるが、義太夫狂言の厚みに乏しく、現代劇を見ているかのようだ。そんな目で見てしまうと恋を引き替えに、父謙信を裏切れという勝頼の難題が疑問に思えてくる。これは松也の勝頼の問題でもある。単に美貌だけではなく、勝頼が花作りに身をやつしている感覚が薄い。亀寿の白須賀六郎、亀三郎の原小文治は気のいい役だが、颯爽としているだけではなく、武士の一直線な生き方が伝わってきた。右近の謙信はさすがの貫目。(TheaterGoer Directoy    長谷部浩の劇評)
芝翫の孫同士、どちらかといえば将来丸本物が似合うのは児太郎のような気がします。「十種香」は初めて観ただけでは良く分からないと思います。 演じる方も観る方も回を重ね、ようやくそれぞれの立場や物語の面白さが分かってくるのだと思います。
「関扉」は私も常磐津の方が好みです。