2015年12月15日火曜日

小玉祥子の劇評 2015年12月 歌舞伎座

「御殿」のお三輪は玉三郎。苧環を愛(いと)おしそうにかき抱いての最期が美しくも壮絶で、苧環が命がけで恋した求女の形代(かたしろ)であることが鮮明に浮かび上がった。(演劇 | 十二月大歌舞伎 美しく壮絶なお三輪=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
苧環がただの小道具ではない、道行恋苧環のタイトルがよく分かる、そんな玉三郎の演技に引きこまれました。