2015年12月8日火曜日

渡辺保の劇評 2015年12月 国立劇場

幕が開くといきなりスッポンから染五郎の鶴屋南北がせり上がってきて、「四 谷怪談」を「忠臣蔵」のウラオモテとして書いたこと、三段目の刃傷を仕方話 で見せるとセリ下がって本舞台が門前になり、ここへ錦之助の小汐田又之丞が 駆け付けてくる。そこへ網乗り物の判官の行列が通り、警護の侍が近寄る又之 丞を打擲する。これが大詰の又之丞の難病の原因になるという伏線。そこでま た南北がせり上がって来て実は何百年後の市川染五郎という役者から上演許可 を求めて来たのでその余りの熱意に許可したという話になって、それではどう ぞご覧下さいとなって、居どころ替わりで浅草額堂になる。この間わずかに七 分。なかなか気が利いている(国立劇場文芸研究会補綴)。大出来。(2015年12月国立劇場)
南北がどう登場するのかと思っていました。面白い趣向です。