2015年12月17日木曜日

海老蔵が語る『弁天娘女男白浪』『七つ面』

見てはいませんが、理想は十五代目羽左衛門。きっとさらさらっとやっていたのではないでしょうか。さらさらやって説得力があるほどいいことはありません。七五調をもう一度勉強し、そこを目指したいと思います」。
歌舞伎十八番の復活上演を目指してつくり上げた『七つ面』ですが、「これでいい、ということはありません。よりよいものを残す努力をしなければ」と海老蔵は言います。それは、伝統文化を守り継承していくうえでも、演目を上演する人がその時代に果たさなければならない義務であるとも語りました。(海老蔵が語る『弁天娘女男白浪』『七つ面』 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
目指すは十五代目、良いですね。錦絵から出たような華やかさ。
「七つ面」更に練り直し上演するとのこと、期待します。