2015年12月4日金曜日

国立劇場初日(隼人ブログ)

さて今回の演目、東海道四谷怪談はご存知の方多いですよね? 実はこの作品、仮名手本忠臣蔵の外伝ような形で描かれているんです💡 なぜ怪談物を寒い十二月にやるのかというのは、これが関係しているからなのです😌 その中で本懐を成し遂げられなかった浪士と成し遂げたられた浪士。私はその二役をさせていただいております。 歌舞伎の代表的な作品の仮名手本忠臣蔵。 その話の筋が四谷怪談の至る所に散りばめられていて、初めて観る方でも、苦手な方でも、楽しめる作品になっていますのでぜひ劇場に足をお運びください✨(初日|中村隼人オフィシャルブログ Powered by Ameba)
写真は討ち入りする竹森喜多八。サンジとは全く違いますが、こちらも凛々しくステキです。竹森喜多八は忠臣蔵の討ち入りの時、泉水の立回りで華麗に殺陣を演じてくれる人です。楽しみです。