2015年12月11日金曜日

寿猿が語る澤瀉屋代々

一門最古参の大ベテランは「共通しているのは『ひらめき』」と言う。観客を驚かせ楽しませる発想に、代々猿之助の「血筋」を感じるという。
今年一月、東京・歌舞伎座で上演された「黒塚」。澤瀉屋のお家芸とされる演目だ。重要な役どころの強力(ごうりき)を演じた寿猿は「特別につとめさせてもらい最高にうれしかった」と振り返る。この舞台で当代猿之助の「芸の力」を見た。主人公の老女岩手が鬼女に変貌する瞬間、目とあごのほんのわずかな動きだけでその変化を表現した。「首を(横に)向けずにキリッとね。若だんな(猿之助)はとっさに鬼になった。恐ろしい場面が一層盛り上がった」(東京新聞:<戦後70年 芸は脈々>時代に乗る「ひらめき」 最古参が語る猿之助:伝統芸能(TOKYO Web))
寿猿さんはずっと澤瀉屋の芸を観てきています。そんな寿猿さんが四代目の黒塚を称賛しています。両者の絶大な信頼関係があるからです。