2015年12月25日金曜日

玉三郎 初春酔わす 歌舞伎座一月公演

夕霧は上方傾城(けいせい)の代表的な役柄。「僕は関東の人間ですが、松嶋屋さんと初めにやりましたので、演じ方が関西風なんです」。十三代目片岡我童(十四代目仁左衛門を追贈)に襟の形や髪飾りの本数などを細かく教わったという。江戸の遊女との違いを「柔らかさ。情がこまやかで耐えてばっかり」と語った。(東京新聞:<歌舞伎>玉三郎 初春酔わす 歌舞伎座一月公演:伝統芸能(TOKYO Web))
艶やかで良いですね。お正月気分にいっぺんになります。