2015年12月9日水曜日

菊五郎、時蔵、菊之助が意気込みを披露~国立劇場初春歌舞伎公演『通し狂言 小春穏沖津白浪-小狐礼三-』

“実は盗賊”という変わり目をお見せできればと思っております。変わる前、変わった後の台詞廻しの違いや、若旦那風の男が盗賊になった時にガラッと雰囲気が変わる、そういう変わり目の面白さを大事に演じたいと思っております。(トピックス|歌舞伎 on the web)
再演を重ねて練りあげていくというのが、求められるところです。