2016年1月21日木曜日

畑律江の劇評 2016年1月 大阪松竹座

大阪松竹座の寿初春大歌舞伎は、古典味豊かな演目や新歌舞伎とともに、落語が素材の親しみやすい2演目が配された。幕ごとに雰囲気が変わり楽しめる。(舞台評:寿初春大歌舞伎(大阪松竹座) 中車、大阪弁も酔っぱらいぶりも - 毎日新聞)
愛之助、中車、壱太郎、扇雀が奮闘。