2016年1月10日日曜日

石井啓夫の劇評 2016年1月 歌舞伎座

「梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)」の中村吉右衛門(きちえもん)の梶原平三がほれぼれする。名刀の価値をめぐり、“二つ胴”から手水鉢(ちょうずばち)を斬(き)る“石切梶原”へ至る緊張を肚(はら)に終始、柔和な表情を崩さぬさまに源平相克の時を生きる胆力と慈愛が宿る。畢生(ひっせい)の当たり役だ。(【鑑賞眼】歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」 ほれぼれする吉右衛門の梶原(1/2ページ) - 産経ニュース)
石井氏も礼賛です。