2016年1月10日日曜日

長谷部浩の劇評 2016年1月 国立劇場

若いふたり、梅枝の月本数馬之助がなかなかの若衆振りをみせ、(尾上)右近の三浦屋傾城花月が、傾城姿ではなく赤姫の着付で現れる。この二役はそう容易ではないにもかかわらず、好一対を見せる。梅枝、右近の藝境が進むと菊五郎劇団の厚みはますますよろしくなる。(TheaterGoer Directoy    長谷部浩の劇評)
若手が育ってきたのは何よりのお年玉、どの役者もセリフがよく聞き取れるので、物語の展開が分かりやすい。主役級から脇に至るまで心地よい声音で気分が良いです。