2016年1月19日火曜日

渡辺保の劇評 2016年1月 国立劇場

菊之助の小狐礼三は、前の幕の姿形のよさは別にして、花月の部屋でお才の ゆすりを受けての芝居がハラがすわって大胆で立派。(2016年1月国立劇場)
まあ理屈をいえば矛盾点もありでしょうが、先ずお正月らしい楽しい舞台で良かったと思います。