2016年1月17日日曜日

左團次が「歌舞伎夜話」で語った歌舞伎のこと、自分のこと

当り役の一つともいえる『助六』の意休。「(十三世)仁左衛門のおじさん、(八世)三津五郎のおじさんの意休。皆さん背筋がピーンとしていらした。負けてたまるかと」、すっと舞台上のように姿勢を正して大きく見せたり、「でも、龍の縫いの衣裳が重くて、…助六の出端がたっぷりとあるので」と、ぼそり、何度も会場を沸かせました。(左團次が「歌舞伎夜話」で語った歌舞伎のこと、自分のこと | 歌舞伎美人(かぶきびと))
終始楽しいお話だったようです。