2016年1月18日月曜日

松井今朝子の新派評

『作者の家』は別にそれほどドラマチックに書かれた作品というわけではないだけに、一体どんな風にドラマ化するんだろう?と思って見始めたが、斎藤雅文の脚色と演出はさすがに達者なもので、みごと新派らしい舞台に仕上がっている。
後に演劇学者の泰斗となる河竹繁俊博士の半生をややコメディタッチで描いたところがこの芝居のミソだろうか。(松井今朝子ホームページ)
演出も役者も良いとのことです。