2016年1月25日月曜日

菊五郎が語る『新書太閤記』

「テレビドラマや舞台でも(秀吉を取り上げたものは)いろいろやっていますので、今回は、原作を読み返してどこが面白いか、どこが劇的かと考えて場面を選び出しました」。結果として、毛利攻めに出て秀吉がその場にいなかった「本能寺」以外は出ずっぱりに。「ほんと、膨大なせりふの量に泣かされています」と嘆きながらも、つくり上げるなかでの手応えを感じているようでした。(菊五郎が語る『新書太閤記』 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
意欲的ですね。歌舞伎の味付けで面白い芝居になるようです。

ブログ アーカイブ