2016年1月6日水曜日

歌舞伎座で恒例の「木遣り始め」

歌舞伎座の年頭行事「木遣り始め」を受け持つのは、江戸消防記念会・第一区六番組。午前中に晴海で行われた東京消防出初式から、芝居に登場する町火消さながらの粋な鳶姿で、歌舞伎座へと駆けつけました。陀志(だし)と呼ばれる標識部に籠目と“六”の字をあしらった纏(まとい)には、年始にあたり注連飾りが施されています。(歌舞伎座で恒例の「木遣り始め」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
今日観劇の方はラッキーでしたね。