2016年1月7日木曜日

河村常雄の劇評 2016年1月 歌舞伎座

「二条城の清正」は今月最も見応えがあった。家康に呼びつけられた幼い秀頼が老臣清正に守られ二条城に赴き、無事大阪城に帰還する。幸四郎の清正は家康との対面の場では、危機感がみなぎり緊迫の連続、スリリングである。秀頼への忠誠心と慈愛が舞台に広がり、大当たり。孫の金太郎が品格のある秀頼。左團次の家康に風格があり、老獪さもにじませる。彌十郎の本多佐渡守もいい。魁春の大政所。(河村常雄の新劇場見聞録)
 「二条城の清正」は未見ですが、楽しみです。幸四郎と左團次、幸四郎と金太郎、彌十郎に魁春も適役です。