2016年1月17日日曜日

石井啓夫の劇評 2016年1月 国立劇場

何より、適材適所の俳優たちの躍動と大詰、菊之助=礼三が朱色に染まる千本鳥居の上を走り回る大立ち廻りの見栄えが辺りを払う美しさである。(【鑑賞眼】菊之助、大立ち廻りの美しさ 国立劇場「小春穏沖津白浪-小狐礼三-」(2/2ページ) - 産経ニュース)
大劇場の舞台を有効に活用して、立体的に鳥居を見せ、スピード感ある殺陣を次々に披露していきます。あれは素晴らしかったです。