2016年1月5日火曜日

国立劇場 開場50周年ロゴは一般公募から

ロゴは一般公募で集まった約100件から劇場の担当者が審査し、選んだ。2020年東京五輪・パラリンピックのエンブレム問題があったこともあり、決まったデザインは特許事務所の弁理士を通じて既存の商標との類似性がないことを確認したという。3日の初春歌舞伎公演開きで発表し、担当者は「お客さまにも大変好評でした」と語った。ロゴは9月から17年3月まで上演予定の50周年記念公演のチラシやグッズなどに使用される。(国立劇場 開場50周年ロゴ発表 既存商標と類似性ないことを確認 ― スポニチ Sponichi Annex 社会)
校倉造りのデザインがとても良いですね。