2016年1月1日金曜日

スーパー歌舞伎 市川猿之助 日本の神髄ヤマトタケル…「若者の孤独強調したかった」

演じていて思うのは、この物語は、親と子が葛藤の末、分かりあえるという点で非常に現代的。また、宮廷という閉ざされた世界で束縛されているがゆえに自由を求める彼の魂は、ある種、伝統の世界と似ているように思うのです。私は閉塞(へいそく)感を打ち破って自由奔放にやっていく。そこにヤマトタケルへの大いなる共感があります。 前(スーパー歌舞伎 市川猿之助 日本の神髄ヤマトタケル…「若者の孤独強調したかった」(2/2ページ) - 産経WEST)
テーマが共感できます。