2016年2月19日金曜日

五代目雀右衛門襲名に向け、思いを新たに芝雀が語る

あらためて金閣寺を訪れ、「日本を代表する建築物、本当に美しいと思いました。舞台ではそこに桜が降る…。日本の美しさ、日本の心を集約している」、その情景で雪姫を演じることの幸せを感じたと言います。雪姫は桜の木に縛られ、舞台に一人残される場面がありますが、「よほど強い思いがないといけません。流れが止まっているように思われてはだめで、思いがずっとつながっていてこそ、お客様にも風情が細かく伝わって喜んでいただけるのだと思います」。(五代目雀右衛門襲名に向け、思いを新たに芝雀が語る | 歌舞伎美人(かぶきびと))
美しい舞台です。

ブログ アーカイブ