2016年2月23日火曜日

Interview 中村芝雀 父のあたり役なぞり 五代目雀右衛門、襲名披露で「三姫」(小玉祥子)

「父から、芝居は『なぞってなぞって初めて自分のものになる』と教えられました」  その父がもう一つの柱にしたのが「京鹿子娘道成寺」に代表される道成寺物の舞踊。「豊後道成寺」「傾城(けいせい)道成寺」などを踊っていた。  「父のライフワークでした。私も舞踊作品を大切にしたい。芝居では『葛(くず)の葉(は)』や『助六』の揚巻(あげまき)も演じたいですね」(Interview:中村芝雀 父のあたり役なぞり 五代目雀右衛門、襲名披露で「三姫」 - 毎日新聞)
道成寺物是非拝見したいです。

ブログ アーカイブ