2016年2月25日木曜日

壱太郎が大阪文化祭賞奨励賞を受賞

贈賞理由は、「前身が遊女という色香を身にまといつつ、夫と姑の心中を思いやり、その狭間で苦悩する女房を細やかに表現。義太夫狂言らしい濃厚な味わいもにじませ、上方歌舞伎の女方として目覚ましい成長を見せた。また、『連獅子』の仔獅子、『四の切』の静御前(ともに大阪松竹座「二月大歌舞伎」)など、瑞々しさが際立つ舞台であったことも評価したい」と、発表されました。(壱太郎が大阪文化祭賞奨励賞を受賞 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
 上方歌舞伎の女方としてなお一層ご活躍なさるでしょう。おめでとうございます。

ブログ アーカイブ