2016年2月18日木曜日

菊五郎 役者のことば 2016年2月

「新書太閤記」は原作を二十歳位の時に読み、今までテレビのドラマや歌舞伎以外の舞台でもありましたが、初演の祖父の写真をみたりして、柝を入れ、衣裳も歌舞伎風でいつかはやりたいと思っておりました。(「菊五郎・菊之助 役者のことば」音羽屋 尾上菊五郎/菊之助 オフィシャルサイト)
秀吉の性格がよく描かれていて楽しい一代記です。まわりの役者も豪華で物語の厚みがでます。

ブログ アーカイブ