2016年2月3日水曜日

猿之助、歌舞伎の凄さ体現 ワンピース・元禄港歌に出演

ぶれのないまなざしと確かな演技力――。歌舞伎俳優の市川猿之助が2、3月、立て続けに大阪の舞台に立つ。秋元松代作、蜷川幸雄演出の「元禄港歌―千年の恋の森―」と人気漫画を原作に自らが演出も手がけた「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド) ワンピース」。ともに猿之助がいう「400年かけてみんなで考えてきた歌舞伎の凄(すご)さ」を、彼ならではの存在感で表現した作品だ。(猿之助、歌舞伎の凄さ体現 ワンピース・元禄港歌に出演:朝日新聞デジタル)
彼の頭の中にはいくつもの方程式があり、組みてから答えを出すまで整然としているのでしょう。

ブログ アーカイブ