2016年2月18日木曜日

内山美樹子の文楽評 2016年2月国立小劇場

和生の母、簑二郎のお勝、幸助の直江山城、一輔の唐衣、玉也の輝虎、そして玉男の山本勘介。現在の歌舞伎でこのような6人を揃(そろ)えることは、不可能であろう。((評・舞台)国立劇場「2月文楽公演」 率直に伝えた近松「川中島」:朝日新聞デジタル)
近松の信州川中島が好評です。

ブログ アーカイブ