2016年2月25日木曜日

勝川春章を知っているか 北斎の師、細やかに役者絵確立 東京の2館、企画展

太田記念美術館の「勝川春章――北斎誕生の系譜」展(前期は28日まで、後期は3月4~27日)は約200点を通して、役者絵から武者絵、相撲絵への挑戦の軌跡、そして春章の弟子だった葛飾北斎(勝川春朗)につながる流れがたどれる。
晩年には、肉筆による美人画を本格的に手がけるようになった春章。出光美術館の「勝川春章と肉筆美人画――〈みやび〉の女性像」展(3月27日まで、一部展示替えあり)では、風雅な世界が生まれた背景とそのまなざしを追う。(勝川春章を知っているか 北斎の師、細やかに役者絵確立 東京の2館、企画展:朝日新聞デジタル)
仲蔵の絵など興味深いのが展示されます。

ブログ アーカイブ