2016年3月16日水曜日

上村以和於の今月の舞台から 2016年3月

『団子売』は仁左衛門がますます玲瓏。『金閣寺』の藤吉にしても、こんなに透き通ってしまっていいのだろうかという気も、一方ではしないでもないが、病気回復以来、これもこの人の到達したひとつの境地でもあるのだろうか?  久々の『関三奴』。踊りとしては勘九郎が一番うまいが、こういう古風なものだと、鴈治郎の鷹揚な役者ぶりがちょいと味がある。松緑は少し顔を描きすぎではないか?(演劇評論家 上村以和於オフィシャルサイト)
五代目雀右衛門もまた60代から大輪の牡丹を咲かせることでしょう。祝幕は女形さんらしく、はんなりと色香漂うステキなものです。
仁左衛門・孝太郎親子の「団子売」がほのぼのとしていて、特に孝太郎が父と踊っている楽しさが溢れていました。