2016年3月8日火曜日

河村常雄の劇評 2016年3月 歌舞伎座

雀右衛門にとって雪姫は二度目。舞台に自信が感じられる。捕らわれの身の夫直信を救うためわが身を捨てる雪姫の覚悟が感じられる。「爪先鼠」に直信を思う心がこもる。先代雀右衛門とは異なる透明感のある芸質が活きる。歌舞伎味の希薄な女形が存在してもいいのではないかと思わせる。(河村常雄の新劇場見聞録)
襲名狂言のみの評です。