2016年3月27日日曜日

中城城跡に勇壮連獅子 海老蔵さんが世界遺産公演

「勧進帳」から抜粋した弁慶の舞「延年の舞」、曽我五郎が恋人の元に通う姿を描いた「雨の五郎」、能の「石橋」を基にした舞踊「連獅子」の三つの演目が披露された。「連獅子」で、市川海老蔵さんと市川福太郎さんが親子の獅子を演じた。最後は、白頭と赤頭の獅子となり、頭から足元まである毛を勢いよく回し、観客を魅了した。  北中城村から見に来た瑞慶覧秀美さん(53)は「初めて歌舞伎を見ることができ、うれしい」と感激した様子で話した。(中城城跡に勇壮連獅子 海老蔵さんが世界遺産公演 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース)
初めて歌舞伎を見る方にはうれしい公演です。海老蔵さんの思いが通じて彼も喜んでいるでしょう。