2016年3月27日日曜日

ようこそ歌舞伎へ 東蔵のお幸

歌舞伎は形から入るのが理想です。気持ちから入ると落ち着きのないような感じを与えてしまうことがあります。出ただけでそう見えなければいけない。見えなくても「ここを直せ」とは口では言えない役もあります。何もせず、ただぽっと出てきても、そう見えればいいんです。(ようこそ歌舞伎へ「中村東蔵」 3/4 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
老け役のお婆さんが出て来ただけで気持ちが和みます。