2016年5月13日金曜日

早稲田大学芸術功労者顕彰記念 中村吉右衛門展

会期:2016年6月7日(火)~8月7日(日) 休館日:6月15日(水)、7月6日(水)、7月20日(水)
会場:早稲田大学演劇博物館 六世中村歌右衛門記念特別展示室
中村吉右衛門氏が早稲田大学芸術功労者の顕彰を受けられたことを記念して、その芸と歩みを紹介します。 重厚な押し出しに深い内面性を湛え、口跡の豊かさによって、見る者を陶酔に誘う吉右衛門氏の舞台。陰翳の深い演技によって、古典歌舞伎作品の中から、極めてドラマティックな人物像を刻み出す現代歌舞伎の最高峰に立つ当たり役の数々を、舞台写真や舞台衣裳、初代から伝来の書き抜き資料などによって紹介します。
8月4日には中村吉右衛門氏を講師にお迎えし、大隈講堂で「中村吉右衛門講演会―古典歌舞伎の芸と心」も開催予定!
上記案内はenpakuのメルマガで知りました。ご登録は下記参照。
最新のエンパク情報をお届けします! メールアドレスをご登録いただくと、演劇博物館の展覧会・イベントなどの最新情報をおよそ月1回のペースでお届けします。登録は無料です。是非お楽しみください。(enpaku 早稲田大学演劇博物館)

ブログ アーカイブ