2016年5月15日日曜日

松井今朝子の劇評 2016年 前進座の東海道四谷怪談

今回は孫に当たる二代目が演じて、こちらは古風というよりも現代風の可愛らしさを持ったお岩様で、嵐芳三郎の伊右衛門ともども現代の家庭崩壊劇を重ね合わせられるような等身大的な新鮮味があった。等身大的だからそれなりの哀れさはあっても、しかし怖さやおどろおどろしさはない。(松井今朝子ホームページ)
先代國太郎さんのお岩様見たかったです。

ブログ アーカイブ