2016年5月26日木曜日

尾上右近「第二回 研の會」のお知らせ

日頃からの人とのつながりの賜物  「自分が見たい舞台は、皆さんもご覧になりたいだろうと」、染五郎が興行では勤めたことのない「五段目」の定九郎と不破、『船弁慶』の弁慶に出演を依頼。同輩の種之助、米吉にも「やってほしいと思っていた」役をお願いしました。『船弁慶』の義経は鷹之資で、自分の経験も踏まえて「自分より若い方にと思っていました。『船弁慶』は可愛がっていただいた天王寺屋のおじさんの当り役でもあり、おじさんのご子息の出演も、自分にとっては意味のあることです」。吉弥、橘太郎にも出演を快諾してもらい、「お力添えいただき、心強い」と感謝しました。(尾上右近「第二回 研の會」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
■日時 2016年8月 6日(土) 午後の部 16:30開演 7日(日) 午前の部 11:00開演 午後の部 16:00開演
■場所 国立劇場小劇場 東京都千代田区隼町4-1
■チケット 全席指定:11,000円(税込)
 2016年7月1日(金)10:00発売 ・尾上右近事務所 080-4862-5858/070-3172-8010(10:00~20:00) イープラス ・国立劇場チケット売場(10:00~18:00) ※窓口販売のみ

日頃の仲間との友情ですね。愛されていますね。

ブログ アーカイブ