2016年5月16日月曜日

段之、徳松「歌舞伎夜話」で賑やかな夜

「歌舞伎の舞台に立てる今が、楽しく幸せ」と、師匠の松助や松也に感謝を込めた徳松。段之は、今だから言える失敗談を披露しましたが、それが物語ったのは段四郎、猿之助との心の結びつきでした。女方ながら立役の旦那に入門したことなど、徳松は二人に数ある共通点を挙げましたが、絆の深さこそは、最大の共通点かもしれません。(段之、徳松「歌舞伎夜話」で賑やかな夜 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
海外公演でのご飯は有難いでしょうね。お二人とも良い師匠に恵まれ幸せです。

ブログ アーカイブ