2016年5月27日金曜日

猿之助ノリノリ 歌舞伎座新開場後、初の宙乗り

五月十二日に死去した演出家の蜷川幸雄さんにかわいがられ、四作品に出演した。「ヴェニスの商人」で主演した時にかけられた言葉が忘れられない。「(主人公シャイロックのように)お互い異端でいよう、(演劇界で)戦い続け、挑み続けてやろう、って」。幕開きから観客を驚かす仕掛けなど、演出の手法も学んだ。その薫陶を受け、異端であり続けるのか-。「どうしても異端になっちゃうからね、僕は。あり続けるのもしんどいけど」。ふと見せた笑顔に、寂しさものぞかせた。(東京新聞:<歌舞伎>猿之助ノリノリ 歌舞伎座新開場後、初の宙乗り:伝統芸能(TOKYO Web))
これからも挑み続けることでしょう。お怪我のないようにといつも思います。

ブログ アーカイブ