2016年5月16日月曜日

小玉祥子の劇評 2016年5月 歌舞伎座

海老蔵の松王に必死さがうかがえ、松緑の源蔵に菅秀才を守ろうとする気迫がこもる。菊之助の千代に母の情が見え、梅枝の戸浪は気配りが利いた。高密度の一幕。(歌舞伎:團菊祭五月大歌舞伎 高密度の「寺子屋」=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
こういう義太夫狂言をどんどん3人で演っていってほしいです。

ブログ アーカイブ