2016年5月19日木曜日

児玉竜一の劇評 2016年5月 前進座国立劇場

中では、やや肉感的な迫力は減じたが、藤川矢之輔の直助権兵衛がバイタリティーをみせる。ついで、惜しまれた退座以来7年ぶりに客演の、瀬川菊之丞の与茂七が程の良い二枚目ぶりで、時には軽く、時には重厚に見事な味つけで、座特有のカラーを出す。従って、矢之輔と菊之丞が四つに組む「三角屋敷」の因果因縁に最も見応えがある。ともかく2人には、せりふの骨法があり、様式がある。((評・舞台)前進座「東海道四谷怪談」 見応えある「三角屋敷」:朝日新聞デジタル)
三角屋敷は面白かったですが、他の俳優が国立劇場研修所出たてのような、歌舞伎にまだ不慣れな感じがして、大南北の四谷怪談は荷が重い気がしました。

ブログ アーカイブ