2016年5月19日木曜日

文楽評:田草川みずき 2016年5月 国立劇場

「尼ケ崎」(文字久太夫・藤蔵、津駒太夫・清介)の文字久は十次郎の詞を明快に語るが、時代物の凄(すご)みに欠ける。津駒は、貫禄は不足ながら登場人物の情をいっぱいに表現。ノリ良く運ぶクドキに、簑二郎の妻操(みさお)が応える。玉也の母さつきは芯が強い。十次郎が勘彌、初菊は一輔。前・後ともに、三味線の藤蔵と清介が語りを支える。  段切(だんぎり)では、近年省略されがちな尼姿の初菊が登場し、劇的効果を高めた((評・舞台)国立劇場「文楽公演・鑑賞教室」 「太功記」中堅の意欲:朝日新聞デジタル)
 尼姿の初菊は歌舞伎では見たことありません。

ブログ アーカイブ