2016年5月25日水曜日

歌舞伎の魅力知って 市川中車さん、砺波で7月講演

出町子供歌舞伎曳山祭は少子化で担い手の確保が難しくなっている。寺島会長と熊野皓太・同青年部創立50周年記念講演会部会長は「講演によって子どもたちが地元の子供歌舞伎に憧れを持つようになってほしい」と期待する。  講演のテーマは50周年のスローガンと同じ「挑戦」。青年部には会社勤めを辞めて家業を継いだ部員が多い。46歳で映像の世界から歌舞伎の世界に飛び込んだ中車さんに心意気や苦労を語ってもらう。(歌舞伎の魅力知って 市川中車さん、砺波で7月講演 (北日本新聞) - Yahoo!ニュース)
より困難な道に挑戦するという中車さん、熱く語ってくれるでしょう。 講演会は7月28日に砺波市柳瀬の県西部体育センターで開く。

ブログ アーカイブ