2016年5月12日木曜日

天野道映の劇評 2016年5月 歌舞伎座

昼「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」で吉右衛門の石川五右衛門は、南禅寺山門の高みから一睨(にら)みで客を掌(たなごころ)に収めてしまう。そこへ菊五郎の久吉が現れる。これだけの大舞台はいつまた見られるであろう。((評・舞台)歌舞伎座「団菊祭五月大歌舞伎」 平成歌舞伎、稔りの季節:朝日新聞デジタル)
セリが上がってきて菊五郎の久吉が登場。セリが止まったところで一瞬にして久吉になる。まるで人形に魂が入るかのように。今日の菊吉時代は黄金に輝いています。

ブログ アーカイブ