2016年6月17日金曜日

児玉竜一の劇評 2016年6月 コクーン歌舞伎

時空間を自在に往還する特色は、たとえばお岩の恨みが集約される髪すきに、お梅の嫁入り化粧を重ねるといった秀逸な絵面をうむが、イメージはすぐに回収されて先へ進む。歌舞伎の定式を破るせりふのテンポや削除は、怪談場面には足早で、意表を突く趣向の数々も、散発に終わるものが今回は多い。  中村勘三郎という絶対的な重心を失った一座で、勘九郎と七之助が活力のある身体と集中力で魅力を放ち、扇雀の与茂七との「地獄宿」「三角屋敷」に精彩がある。この若さを核に、有名作品の再演からそろそろ離れて、新しい冒険を期待したい。((評・舞台)渋谷・コクーン歌舞伎「四谷怪談」 現代色強めた群像劇:朝日新聞デジタル)

ブログ アーカイブ