2016年6月17日金曜日

小玉祥子の劇評 2016年6月 歌舞伎座

3部が「狐忠信(きつねただのぶ)」。「道行」は猿之助のきびきびとした忠信と染五郎の優美な静御前。猿弥の藤太が軽妙だ。  「川連法眼館(かわつらほうげんやかた)」では猿之助の忠信と忠信実は源九郎狐の手に入(い)った鮮やかな動きに魅了される。幕切れでは現歌舞伎座初の宙乗りを披露。(歌舞伎:義経千本桜 復讐誓う姿に凄み=評・小玉祥子 - 毎日新聞)