2016年6月2日木曜日

海老蔵、獅童が語る「秋の特別公演 古典への誘い」

今回、『勧進帳』の舞台となっている安宅の関、石川県小松市での公演もあります。海老蔵は、「父(十二世團十郎)はよくうかがっておりましたが、私もようやく小松で歌舞伎ができる、ありがたいことで“楽しみ”、これに尽きます」と笑顔を見せ、獅童も「演目にゆかりのある場所で初役をさせていただく、やはり楽しみです。現地の方々の反応も楽しみです」と、二人ともに『勧進帳』『安宅』の物語の地で弁慶、富樫を勤めることの意味をかみしめるように話しました。(海老蔵、獅童が語る「秋の特別公演 古典への誘い」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

ブログ アーカイブ