2016年6月10日金曜日

長谷部浩の劇評 2016年6月 歌舞伎座

竹本の葵太夫がさすがの出来で、猿之助、笑也もよく糸に乗っている。鼓の音に聴き入る件りも真剣そのもの。狐言葉も不安がない。門之助の義経も安定感がある。義経から鼓を与えられてから、喜びが真に迫るから、続く宙乗りへとつながっていく。桜吹雪をあびて全力の舞台であった。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory)
葵太夫の語りが良いので芝居が引き立ちます。

ブログ アーカイブ